ペアカウンセリング 38歳女性&40歳男性

こんにちは、カウンセラーの緒方リサコです。

今回モニターにご協力いただいたのは、結婚13年目のご夫婦(妻38歳&夫40歳)です。『価値観の違いから、夫婦喧嘩が絶えない』というお悩みを抱え、今回ご夫婦一緒に2度目のカウンセリングにいらっしゃいました。

“男女の違い”を客観的に見ることができるので、夫婦関係に少しでも不安をお持ちの方はぜひこの先を読み進めてみてください。女性なら奥様のSさんに、男性ならご主人様のKさんに『分かる、分かる〜』と共感してしまうのではないでしょうか?

ご相談者さまの状況・お悩み:夫婦喧嘩を繰り返してしまう…その『理由』

カウンセリングの前半、SさんKさんご夫婦はそれぞれ以下のように話されていました。

奥様『私の気持ちを分かってくれない…』
ご主人様『解決できない問題を話し合っても仕方ない』

しかし、カウンセリングを進めていくと、徐々にお2人から出る言葉が変わってきます。

奥様『主人に求めてばかりいたのかもしれません』
ご主人様『妻の気持ちに共感しようとしていなかったです』

どうでしょう?最初はお互い自分の気持ちを理解してもらえないことに不満を感じている様子でしたが、少しずつ相手の気持ちに寄り添おうという姿勢がみられますよね。

カウンセリングの最後に、お2人に向けて『これから、どんな夫婦関係を築いていきたい?』という質問をさせていただくと、こんな答えが返ってきました。詳しくは次の動画をご覧ください。

カウンセリングの内容:価値観が違っても仲直りできる?夫婦を続けられる?

カウンセリング内容の一部をご紹介します。

ご主人様
「家族で過ごす時間をリラックスして何でもさらけ出せて、さらけ出しても笑いに変えられるような、そんな環境を作りたいなと思います。今は下手に冗談を言ったら、逆に怒られるというか…」

全員
「アハハハ」

ご主人様
「笑いを狙ったつもりが逆にそれが原因で喧嘩することもあるので(苦笑)。失敗しても笑って次頑張ろうよっていう雰囲気ではないですよね、やっぱり」

カウンセラー緒方
「そっかぁ、冗談も言えないのね」

ご主人様
「ちょっとくらい失敗したって、笑って前向きに話せるようになれば、お互い矢印が自分にばっかり向いていたのが相手に向くようになるし。そうすれば建設的な意見交換ができたり、前向きな気持ちにもなれるのかなと。

今は上手くいかないと悪いことばかり考え出して、意見対立したり、深刻になりやすいので。そうするとリラックスもできなければ、気持ちも下がってしまいます。気持ちが下がっていると絶対的に言葉や態度にも出ると思うので、やっぱりそれは意識的に変えていかないとダメなのかなって思いますね」

緒方
「うんうん、はじめのうちは“意識的に”だよね。
(省略)・・・ってことは、お2人でいつもバカ言い合って、オープンな状態で何でもさらけ出せる、そんな夫婦像があるってことね。『バカ』っていう言葉1つとっても、愛情こもった『まったく、バカねぇ〜』っていうのと、『バッカじゃないの!』とでは全然違ってくるものね。どう?Sさんのほうは?」

奥様
「本当に後者の『バカ』のほうを言い合っている状態なので。今までは他愛のない話をすることも難しかったですが、(今後は)なんでもない話を笑顔でできる、そんな家庭を作りたいです」

ご相談者さまのカウンセリングのご感想:自分たちが陥っている問題を指摘してもらい、解決策が明確になりました

ご主人様
「われわれ夫婦の中で不足していた部分や現状が、こういった具体的な話のなかで再確認できて。夫婦で陥っている問題がそのまま指摘されたので、振り返る良い機会になったと思います。

また子育てについても『こうしていこう』という将来のイメージがまったくできていなかったので、これから2人で話し合って、そこに向かって進めていきたいですね。

おそらく意見や価値観の違いは今後も出てくると思いますが、同じ方向を向いていけば、今までのような大きな喧嘩は減ってくるでしょうし、リラックスした家庭環境を作りたいという点は2人とも共通しているので。コミュニケーションの取り方についても今日いろいろお話を聞かせていただき、これから意識して変えていかなければいけないなと思いました」

奥様
「カウンセリングを受けて、自分の置かれている状況だったり自分自身のことも再確認できました。これからの自分への課題に対して、具体的にどうしたら良いか?といったアドバイスもいただけて本当に良かったと思います。ありがとうございます」

カウンセラー緒方のカウンセリングの感想:夫婦喧嘩をプラスに変えるためには

「見た目には喧嘩をしているとは思えないほど、穏やかな雰囲気漂う素敵なご夫婦です。『このままではいけない』そんなお気持ちが、お二方ともから伝わってきました。

お2人の場合、価値観の違いもそうですが、男女の違いによるすれ違いが起きていたように思います。男性は『問題解決』を優先する一方で、女性は『共感』を大切にするもの。その違いが喧嘩を長引かせてしまっていたのかもしれません。

最初は『自分のことをもっと理解してほしい』という思いの強かったお2人ですが、最終的には(動画でもご覧いただいた通り)相手の気持ちに気づくことができたようです。後日、奥様から嬉しいメールを頂戴し、私も少しホッといたしました。これから笑いの絶えない家庭を築いていかれることと思います」

カウンセリングご予約フォームへカウンセリングご予約フォームへ