個人カウンセリング 30歳女性

こんにちは、カウンセラーの緒方リサコです。

今回モニターにご協力いただいたのは、約1年前に結婚生活にピリオドを打った女性(30歳)です。彼女が初めてカウンセリングを受けられたのは約1年半前、ご主人との離婚について悩まれていました。その後、離婚は成立しましたが『(離婚後)新しくできた彼との関係について相談したい』とのことで、今回カウンセリングにいらっしゃいました。

もしあなたが『異性との付き合い方』や『再婚』について悩まれているとしたら、ぜひこの先をお読みいただき参考にしてみてください。

ご相談者さまの状況・お悩み:離婚後、再婚を視野に入れたお付き合いをするには

一般的に離婚直後は『再婚なんて考えられない』『もう結婚なんてこりごり…』という人のほうが多いでしょう。私自身も47歳で子連れ離婚をした直後は、まさか自分が新しいパートナーとステップファミリーになるなんて思いもしませんでした。

しかしそんな気持ちも、時間が経過するにつれて(もしくは、色々なタイミングで)『新しいパートナーを作りたい』『できるなら再婚したい』という風に変化するものですね。

今回のご相談者Hさんの場合は、離婚後の『異性との付き合い方』について悩まれていました。

新しい彼を心から愛することができない…というHさん。その原因は、自分では見落としがちな“意外な”ところにありました。ご興味のある方は、ぜひ次のカウンセリング動画でお確かめください。

夫婦・再婚カウンセリングの内容:『自分を大切にする』ってどういうこと?

Hさんのカウンセリング内容の一部をご紹介します。

Hさん
「今付き合っている彼に情も湧かなくなってきてしまって…」

カウンセラー緒方
「ということは、かつては情くらいは湧いていたけれどっていうこと?」

Hさん
「かつては、好きだった時もあったと思うんですよ。もしかしたら、またそういう気持ちになるのかなと思ったりしていたんですけど、全然変わらなくて。忙しいのに、わざわざ自分の時間を割いてまで会いたいと思わなくなってしまって…」

緒方
「『時間を作りたい』ではなく、『時間を割く』っていう捉え方になっているものね」

Hさん
「普段も、みんなでワイワイするような飲み会なら喜んで行くんですけど、(男性と)2人きりで会うとかお付き合いを前提としたお誘いは、ものすごく嫌になっちゃって…」

緒方
「どうして自分がそうなっちゃうのか、思い当たることはある?」

Hさん
「単純にその人を好きじゃないから?ですかね」

緒方
「うんうん、たしかにそれもあるわよね。でも今は、どんな男性であっても嫌っていう気持ちになっちゃうんじゃないかしら。というのは、多分(離婚したのが)まだまだ最近の出来事だから、誰かと付き合うということに敏感になっている可能性はあるよね」

Hさん
「たしかに負担ではありますね」

緒方
「また同じような思いをするかもって思うと不安になるわよね。でもそうなってしまうのは、時間的にも当然なことだと思う。

…(省略)あと私が大事だと思うのは、まず元夫との結婚生活をHさんのなかで『完了』させること。

さっきも仰っていたけれど、元夫を憎み切ることもないまま、嫌いじゃないまま、ピリオドを打った(離婚した)わけじゃない?だからこそ、夫婦として一緒に過ごした時間がHさんにとってどんな学びになったのか?をじっくり考える時間が必要だと思うの。

Hさんのなかで、元夫との結婚生活を『完了』させることができれば、これからの人生で自分が大事にしていきたいことが分かるはず。そうすれば、他の男性と出会っても、その大事にしたいことができる相手かな?という見方になる」

Hさん
「そうですね、(元夫との結婚生活に)まだピリオドは打っていないのかもしれないです」

緒方
「…(省略)今の彼との出会いって、前のご主人と似たり寄ったりなタイミングだったよね?」

Hさん
「そうですね」

緒方
「となると、元夫と今の彼、要素的に似ているところはない?」

Hさん
「…あります!」

緒方
「同じタイミングで出会っている男性だから、姿形は違っても同じ要素をもっているっていうことなのよ」

Hさん
「ダメですね、じゃあ…」

緒方
「そう、危ないのよ。また(元夫と)同じように縛られて、Hさんが彼のお世話をしなきゃいけないような付き合い方になりかねないよね。Hさんが同じレイヤーにいる時に出会ったひとだから。

だからこそ、(さっきもお話した通り)今回の離婚は自分に何を教えてくれるための出来事だったのか?もう一度考えてみる必要があるよね」

Hさん
「そう思うと、私同じことを繰り返していた…」

緒方
「でも繰り返しているのは、同じようなタイミングで出会った男性と付き合っているからっていうだけの話。1回立ち止まって、お付き合いとかはなくして、考えてみたほうが良いよね。だって(元夫との離婚で)あれだけ大変な思いをしたんだから、自分を成長させなきゃもったいないじゃない?それこそが『自分を大切にする』っていうこと」

ご相談者さまの夫婦カウンセリングのご感想:どうしてあんなに悶々としていたのか…?その原因が分かってスッキリしました

Q 今日カウンセリングを受けて、気づいたことはありますか?

「目の前のことしか見えない自分がいたので、(先生が言っていたように)これからは“空から見るイメージ”を持ちたいなと思いました。

あと、自分は人からありがとうって言われると嬉しいくせに、人にありがとうって言わせるチャンスを与えていないねっていう話が、確かにと思いました」

カウンセラー緒方のカウンセリングの感想:離婚後、再婚を考えている女性のサポートも行っています

「カウンセリングの冒頭でHさんは、新しい彼のことを心から愛せない…と仰っていましたが、よくよく話を聞いてみると、どうやらその原因は彼ではなくHさん自身のなかにあることが分かりました。

書類上は離婚が成立していたものの、Hさんの心の中ではまだ(元夫との)結婚生活にピリオドが打てていなかったのです。そのことに気づいたHさんは、『もう同じことを繰り返さないために、一度立ち止まって、今回の離婚から何を学んだのかじっくり考えます』と力強く話されました。

離婚を経験すると『次こそは失敗したくない』『本当にこの人で大丈夫かな?』という不安を抱きがちですが、そんな時はHさんのように一度立ち止まって、自分と向き合う時間をつくられると良いと思います」

カウンセリングご予約フォームへカウンセリングご予約フォームへ