ピリアロハコーチング2018-10-01T22:40:15+00:00

こんな不満やお悩みを抱えていませんか?

女性のお悩み

  • 夫さえ変わってくれれば幸せになれると思っている
  • こんなに頑張っているのに家族は感謝してくれない
  • いくつになっても実家が一番落ち着く。夫といるとくつろげない
  • つい夫や子どもにイライラして責めてしまう。そんな自分を好きになれない
  • 夫や子どもを見ていると「もっとこうすればいいのに」「どうしてこうしてくれないの」と不満ばかり感じる

男性のお悩み

  • 仕事が終わっても家に帰りたくない
  • 休みの日に家にいるのが苦痛だ
  • 妻には自分の趣味を邪魔して欲しくない
  • 夫婦の会話は義務だと思っている
  • 妻がいつ怒り出すのか、なぜ怒り出すのかわからなくて怖い

このページに訪れていただき、ありがとうございます。
カウンセラーの緒方理咲子です。

たくさんの方が、ご主人や奥様とのパートナーシップで悩んでいらっしゃいます。

また、意識していなくても、周りの人の顔色をうかがって自分がどうするかを決めている方は多いものです。

夫が褒めてくれるから料理を頑張ったり、子どもが言うことを聞いてくれるからいいお母さんでいたり、友人に「あなたがいないと困るわ」と言ってもらいたいから、あれこれと世話を焼いたり…

その一方で、「こんなに辛いのは夫のせい」「夫さえ変わってくれたら、もっと幸せに暮らせるのに」「子どもが素直に言うことを聞いてくれたら、私も優しくなれるのに」と、自分の価値観を周りに理解してもらえないことを不満に感じている人もいらっしゃいます。

他人の評価が自分の気持ちより正しいと思ってしまう。

自分の価値観が相手に受け入れられないことに不満を感じてしまう。

どちらにも共通して言えることは、「自分の軸で生きていない」ことからくる悩みだということです。

こんな不満や
お悩みを抱えていませんか?

女性のお悩み

  • 夫さえ変わってくれれば幸せになれると思っている
  • こんなに頑張っているのに家族は感謝してくれない
  • いくつになっても実家が一番落ち着く。夫といるとくつろげない
  • つい夫や子どもにイライラして責めてしまう。そんな自分を好きになれない
  • 夫や子どもを見ていると「もっとこうすればいいのに」「どうしてこうしてくれないの」と不満ばかり感じる

男性のお悩み

  • 仕事が終わっても家に帰りたくない
  • 休みの日に家にいるのが苦痛だ
  • 妻には自分の趣味を邪魔して欲しくない
  • 夫婦の会話は義務だと思っている
  • 妻がいつ怒り出すのか、なぜ怒り出すのかわからなくて怖い

このページに訪れていただき、ありがとうございます。
カウンセラーの緒方理咲子です。

たくさんの方が、ご主人や奥様とのパートナーシップで悩んでいらっしゃいます。

また、意識していなくても、周りの人の顔色をうかがって自分がどうするかを決めている方は多いものです。

夫が褒めてくれるから料理を頑張ったり、子どもが言うことを聞いてくれるからいいお母さんでいたり、友人に「あなたがいないと困るわ」と言ってもらいたいから、あれこれと世話を焼いたり…

その一方で、「こんなに辛いのは夫のせい」「夫さえ変わってくれたら、もっと幸せに暮らせるのに」「子どもが素直に言うことを聞いてくれたら、私も優しくなれるのに」と、自分の価値観を周りに理解してもらえないことを不満に感じている人もいらっしゃいます。

他人の評価が自分の気持ちより正しいと思ってしまう。

自分の価値観が相手に受け入れられないことに不満を感じてしまう。

どちらにも共通して言えることは、「自分の軸で生きていない」ことからくる悩みだということです。

他人はあなたの悩みを解決してはくれません

自分の軸で生きることができないでいると、一時的に悩みや不満が解決したように思えても、しばらくするとまた新たな問題や悩みを抱えてしまいます。

私は、これまでカウンセラーとしてそのような方をたくさん見てきました。

例えば、夫との関係で悩んでいたのに、夫との関係が落ち着くと今度は子どもとうまくいかなくなる。

夫が早く帰ってきてくれるようになったのに、食事をすませると一人で部屋にこもってしまって、結局会話もない…

そんなことが続いて、突然感情が爆発して取り返しのつかない事態になってしまう方もいらっしゃいます。

糸が切れて自暴自棄になってしまう方もいらっしゃいました。

自分を抑え込む限界を超えてしまったり、相手をコントロールしようとし過ぎたりすると、自分も、パートナーとの関係も壊れてしまいかねないのです。

それから、自分では「人のためにしている」と思っていることが、逆に相手を苦しめていることに気がつかず、「あの人といると疲れる」と、周りから人がいなくなってしまうこともあります。

なにくれとなく子どもの世話を焼いている、いいお母さんのはずなのに、子どもが笑顔を見せてくれなくなった、避けられるようになった…。そんな方々を、たくさん見てきました。

他人はあなたの悩みを
解決してはくれません

自分の軸で生きることができないでいると、一時的に悩みや不満が解決したように思えても、しばらくするとまた新たな問題や悩みを抱えてしまいます。

私は、これまでカウンセラーとしてそのような方をたくさん見てきました。

例えば、夫との関係で悩んでいたのに、夫との関係が落ち着くと今度は子どもとうまくいかなくなる。

夫が早く帰ってきてくれるようになったのに、食事をすませると一人で部屋にこもってしまって、結局会話もない…

そんなことが続いて、突然感情が爆発して取り返しのつかない事態になってしまう方もいらっしゃいます。

糸が切れて自暴自棄になってしまう方もいらっしゃいました。

自分を抑え込む限界を超えてしまったり、相手をコントロールしようとし過ぎたりすると、自分も、パートナーとの関係も壊れてしまいかねないのです。

それから、自分では「人のためにしている」と思っていることが、逆に相手を苦しめていることに気がつかず、「あの人といると疲れる」と、周りから人がいなくなってしまうこともあります。

なにくれとなく子どもの世話を焼いている、いいお母さんのはずなのに、子どもが笑顔を見せてくれなくなった、避けられるようになった…。そんな方々を、たくさん見てきました。

自分との関係を見直すことから、すべては始まります

  • もっと自分が素直になれば解決する?

  • 自分さえ我慢すればいい関係をキープできる?

  • パートナーを愛せない自分が悪い?

いいえ、どれも違います。

あなたに必要なのは、更に自分を押し殺すことではありません。

自分の本当の気持ちに気付いて、その気持ちを大切にすることです。それは、自分への信頼を取り戻すことにもつながります。

私は、それを「心の自立ができている状態」と呼んでいます。

ではその「心の自立」とは、一体どんな状態を指すのでしょうか?

自分との関係を見直すことから、
すべては始まります

  • もっと自分が素直になれば解決する?

  • 自分さえ我慢すればいい関係をキープできる?

  • パートナーを愛せない自分が悪い?

いいえ、どれも違います。

あなたに必要なのは、更に自分を押し殺すことではありません。

自分の本当の気持ちに気付いて、その気持ちを大切にすることです。それは、自分への信頼を取り戻すことにもつながります。

私は、それを「心の自立ができている状態」と呼んでいます。

ではその「心の自立」とは、一体どんな状態を指すのでしょうか?

全ては自分で選んだ結果。だからこそ、変えることができるのです

心の自立ができていると、トラブルを他人や状況のせいにしなくなります。「このトラブルや状況を選択したのは自分」という価値観が身についているからです。

一昔前に、「自己責任」という言葉がネガティブな意味で使われた時期がありました。今も、「何があっても悪いのは自分」「トラブルを選んだのが自分なのだとしたら、耐えるしかない」と思っている方も多いかもしれません。

ですが、もしもそう思われているのだとしたら、それは違います。

心の自立とは、「自分で選んだのだから、自分で変えられる、自分で解決できる」と思えることなのです。

全ては自分で選んだ結果。
だからこそ、
変えることができるのです

心の自立ができていると、トラブルを他人や状況のせいにしなくなります。「このトラブルや状況を選択したのは自分」という価値観が身についているからです。

一昔前に、「自己責任」という言葉がネガティブな意味で使われた時期がありました。今も、「何があっても悪いのは自分」「トラブルを選んだのが自分なのだとしたら、耐えるしかない」と思っている方も多いかもしれません。

ですが、もしもそう思われているのだとしたら、それは違います。

心の自立とは、「自分で選んだのだから、自分で変えられる、自分で解決できる」と思えることなのです。

「心の自立」は、あなたと、あなたの周囲の人を幸せにします

心が自立すると、他人の評価を必要としなくなります。

他人の評価を気にしなくなるということは、「自己中心的に生きる」とか、「わがままに生きる」ということと同じなのではないか、と思われる方もいるかもしれません。

確かに、自分の好きなように生きるという意味では、心の自立と自己中心的な考えとは似ているようにも思えます。ですが、この2つはまったく違うものなのです。

自己中心的な考えを持っていると、「自分がしたことに対して感謝してほしい」「もっとこうしてほしい」など、相手に承諾や見返りを求めてしまいます。

「自分」というものがあるように見えて、実は他人の評価がなければ、自己の存在が認められない状態です。

ですが、心が自立していれば、他人の評価に依存する必要がなくなります。

「あなたが私のことをどう思っても、私はこれが好き」「私はこういう人生を歩みたい」という、自分の本当の気持ちに気づけるようになるのです。

自分の気持ちに正直に生きられているから、特別なことがなくても幸せを感じられる自分に生まれ変わります。

本当に好きなことをしているので、毎日がワクワクの連続です。

たとえば、女性の場合、疲れて帰ってきた夫にお茶を淹れてあげる。そんななんでもないことも、「いそいそとお茶を淹れる自分ってかわいいわね」とか、「心から労いたいと思える人がそばにいるなんて、私って幸せね!」と思えるようになるのです。

夫婦の会話は義務だと思っていたのに、心が自立して自分が本当に好きなことがわかると、その楽しみや幸せを妻にも味わわせてあげたいと思うようになります。

一方、男性であれば、妻から「私は興味がないわ」と言われても気になりません。相手を尊重することができるので、一人でも、夫婦でも、自分の好きなことを楽しめるようになるのです。

「この人さえ変わってくれれば…」と恨みがましい目で見つめていたパートナーとの関係も劇的に変わることでしょう。

子供がいるなら、なにを考えているのかさっぱりわからなかったのに、自分の気持ちを自分から話してくれるようにもなります。

なに一つ状況は変わっていなくても、自分の心の持ちようが変わるだけで、人生の満足度や幸せ度数がどんどん増えていくのです。

そして、心が自立して満たされている人のそばにいると、一緒にいる人も癒され、満たされていきます。そうすると、今度はその人が、周りの人を同じように幸せで満たしていけるようになるのです。

幸せが連鎖して、波紋のようにどんどん広がっていく。そんな自分を手に入れたいと思いませんか?

「心の自立」は、あなたと、
あなたの周囲の人を幸せにします

心が自立すると、他人の評価を必要としなくなります。

他人の評価を気にしなくなるということは、「自己中心的に生きる」とか、「わがままに生きる」ということと同じなのではないか、と思われる方もいるかもしれません。

確かに、自分の好きなように生きるという意味では、心の自立と自己中心的な考えとは似ているようにも思えます。ですが、この2つはまったく違うものなのです。

自己中心的な考えを持っていると、「自分がしたことに対して感謝してほしい」「もっとこうしてほしい」など、相手に承諾や見返りを求めてしまいます。

「自分」というものがあるように見えて、実は他人の評価がなければ、自己の存在が認められない状態です。

ですが、心が自立していれば、他人の評価に依存する必要がなくなります。

「あなたが私のことをどう思っても、私はこれが好き」「私はこういう人生を歩みたい」という、自分の本当の気持ちに気づけるようになるのです。

自分の気持ちに正直に生きられているから、特別なことがなくても幸せを感じられる自分に生まれ変わります。

本当に好きなことをしているので、毎日がワクワクの連続です。

たとえば、女性の場合、疲れて帰ってきた夫にお茶を淹れてあげる。そんななんでもないことも、「いそいそとお茶を淹れる自分ってかわいいわね」とか、「心から労いたいと思える人がそばにいるなんて、私って幸せね!」と思えるようになるのです。

夫婦の会話は義務だと思っていたのに、心が自立して自分が本当に好きなことがわかると、その楽しみや幸せを妻にも味わわせてあげたいと思うようになります。

一方、男性であれば、妻から「私は興味がないわ」と言われても気になりません。相手を尊重することができるので、一人でも、夫婦でも、自分の好きなことを楽しめるようになるのです。

「この人さえ変わってくれれば…」と恨みがましい目で見つめていたパートナーとの関係も劇的に変わることでしょう。

子供がいるなら、なにを考えているのかさっぱりわからなかったのに、自分の気持ちを自分から話してくれるようにもなります。

なに一つ状況は変わっていなくても、自分の心の持ちようが変わるだけで、人生の満足度や幸せ度数がどんどん増えていくのです。

そして、心が自立して満たされている人のそばにいると、一緒にいる人も癒され、満たされていきます。そうすると、今度はその人が、周りの人を同じように幸せで満たしていけるようになるのです。

幸せが連鎖して、波紋のようにどんどん広がっていく。そんな自分を手に入れたいと思いませんか?

根本から幸せを手に入れるために

私は、これまでカウンセラーとして、たくさんのご夫婦の悩みに向き合ってきました。カウンセリングを通じて深くお話をしていく中で楽になられ、問題が解決して幸せな人生を取り戻される方もたくさんいらっしゃいました。

でも、その一方で、カウンセリングを受けてしばらくすると、また違う問題を抱えてしまう方もいらっしゃいます。

どうして、カウンセリングを受けて幸せに戻られる方がいる一方で、解決してもまた新たな問題に悩まれる方がいらっしゃるのだろう。

実は私の目標は、「みなさんが幸せになって、私のサポートが必要なくなること」なのです。ですが、なかなかそれは難しい…

たくさんの方とお話ししながら、そんなジレンマも抱えていました。

そうしてたくさんの方と向き合ううちに、同じ人が抱かれる悩みというのは、表面的には違う問題や悩みに見えたとしても、大元となる幹が同じであることが多いということがわかりました。

その幹にあるものこそ、「自分の気持ちを大切にしていない」「自分が人生の主役ではない」という自己否定、他人軸の発想だったのです。

この幹にアプローチできれば、根本的に幸せを手に入れられるのではないか。

そうして出会ったのがコーチングです。

カウンセリングとコーチングという2つの違うアプローチができれば、きっともっとたくさんの方が幸せになれる。今、そう確信しています。

今では多くの方に、カウンセリングだけでなく、コーチングもご利用いただいています。

根本から幸せを手に入れるために

私は、これまでカウンセラーとして、たくさんのご夫婦の悩みに向き合ってきました。カウンセリングを通じて深くお話をしていく中で楽になられ、問題が解決して幸せな人生を取り戻される方もたくさんいらっしゃいました。

でも、その一方で、カウンセリングを受けてしばらくすると、また違う問題を抱えてしまう方もいらっしゃいます。

どうして、カウンセリングを受けて幸せに戻られる方がいる一方で、解決してもまた新たな問題に悩まれる方がいらっしゃるのだろう。

実は私の目標は、「みなさんが幸せになって、私のサポートが必要なくなること」なのです。ですが、なかなかそれは難しい…

たくさんの方とお話ししながら、そんなジレンマも抱えていました。

そうしてたくさんの方と向き合ううちに、同じ人が抱かれる悩みというのは、表面的には違う問題や悩みに見えたとしても、大元となる幹が同じであることが多いということがわかりました。

その幹にあるものこそ、「自分の気持ちを大切にしていない」「自分が人生の主役ではない」という自己否定、他人軸の発想だったのです。

この幹にアプローチできれば、根本的に幸せを手に入れられるのではないか。

そうして出会ったのがコーチングです。

カウンセリングとコーチングという2つの違うアプローチができれば、きっともっとたくさんの方が幸せになれる。今、そう確信しています。

今では多くの方に、カウンセリングだけでなく、コーチングもご利用いただいています。

コーチングで、自分の「幹」を育てましょう

カウンセリングは、問題が起こってしまってから、それを解決するために受けることが多いものです。

ですから、カウンセリングでは問題の枝葉にフォーカスせざるをえません。ですが、それと合わせて、幹や根の部分にアプローチをすることも大切です。

「自分が世界でただ一人の人として、どんな人生を歩みたいのか」という自分の気持ちに向き合い、そして自分の人生に責任を持つこと。まずは自分自身を信頼して、自分との約束を守ることでもあります。

私はこれを「セルフエンゲージメント」と呼んでいますが、何よりも大切なことは、この幹の部分にアプローチをし、自分で問題を解決できるようになることです。そのために、コーチングもメニューに加えました。

カウンセリングをお受けになって、問題が解決する方もたくさんいらっしゃいます。次は、その幸せな状態をいつでも創りだせる自分になりませんか?

ピリアロハのコーチングは、自分の人生をもっと幸せに生きたいと願う方々にも多くご利用いただいています。

ぜひ、あなたもピリアロハコーチングでご自分の幹をしっかり育ててみませんか?

コーチングで、
自分の「幹」を育てましょう

カウンセリングは、問題が起こってしまってから、それを解決するために受けることが多いものです。

ですから、カウンセリングでは問題の枝葉にフォーカスせざるをえません。ですが、それと合わせて、幹や根の部分にアプローチをすることも大切です。

「自分が世界でただ一人の人として、どんな人生を歩みたいのか」という自分の気持ちに向き合い、そして自分の人生に責任を持つこと。まずは自分自身を信頼して、自分との約束を守ることでもあります。

私はこれを「セルフエンゲージメント」と呼んでいますが、何よりも大切なことは、この幹の部分にアプローチをし、自分で問題を解決できるようになることです。そのために、コーチングもメニューに加えました。

カウンセリングをお受けになって、問題が解決する方もたくさんいらっしゃいます。次は、その幸せな状態をいつでも創りだせる自分になりませんか?

ピリアロハのコーチングは、自分の人生をもっと幸せに生きたいと願う方々にも多くご利用いただいています。

ぜひ、あなたもピリアロハコーチングでご自分の幹をしっかり育ててみませんか?

2つのプランをご用意しました

Aプラン

¥150,000(税込)
  • パーソナルコーチング (遠隔:スカイプ等)
  • <オプション>グループコーチングを追加することができます人数:3人〜 時間:120h/1回/月×3 料金:60,000円@1人

Bプラン

¥60,000(税込)
  • パーソナル&グループコーチング
  • 最初からお申込みの場合は200,000円

まずは、パーソナルコーチングを3ヶ月ご受講いただき、そのあとで必要に応じてグループコーチングに参加いただくことができます。

パーソナルコーチングでは、深く自分と向き合うお手伝いをしていきます。パーソナルコーチングだけでも、十分な手応えを感じていただけるはずです。

グループコーチングでは、さらに自分以外の人の学びを共有することができます。自分だけでは見えなかったことも、他の方を通じて気づくことができます。

グループコーチングの強み(価値)は、受講生同士でワークを通じて実践ができることです。受講中に実践を重ねられることで、これまで学んだことをさらに自分のものとして使えるようになります。また、同じくパーソナルコーチングを受講し終わった仲間ができるのも、グループコーチングならではです。

さらにブレイクスルーを体験したい方には、グループコーチングをお勧めしています。

2つのプランをご用意しました

Aプラン

¥150,000(税込)
  • パーソナルコーチング (遠隔:スカイプ等)
  • <オプション>グループコーチングを追加することができます人数:3人〜 時間:120h/1回/月×3 料金:60,000円@1人

Bプラン

¥60,000(税込)
  • パーソナル&グループコーチング
  • 最初からお申込みの場合は200,000円

まずは、パーソナルコーチングを3ヶ月ご受講いただき、そのあとで必要に応じてグループコーチングに参加いただくことができます。

パーソナルコーチングでは、深く自分と向き合うお手伝いをしていきます。パーソナルコーチングだけでも、十分な手応えを感じていただけるはずです。

グループコーチングでは、さらに自分以外の人の学びを共有することができます。自分だけでは見えなかったことも、他の方を通じて気づくことができます。

グループコーチングの強み(価値)は、受講生同士でワークを通じて実践ができることです。受講中に実践を重ねられることで、これまで学んだことをさらに自分のものとして使えるようになります。また、同じくパーソナルコーチングを受講し終わった仲間ができるのも、グループコーチングならではです。

さらにブレイクスルーを体験したい方には、グループコーチングをお勧めしています。

あなたの人生を変えられるのは、あなただけ

私こそが、心の自立ができないままに50年近く人生を送ってまいりました。「他人は悩みを解決してくれません」のところで書いた「あなたといると疲れる」という言葉は、実は私が実際に友人から言われた言葉です。

心の自立を手に入れられていない頃の私は、とにかく「人様のために何かをして差し上げたい」と思って生きていました。

困っている方がいれば、何かできることはないかと相談に乗り、私がいるからみんな仲良く平和にお付き合いができていることを、嬉しく思っていました。

ところが、親友から聞いたのは感謝の言葉とは全く真逆の言葉だったのです。

「あなたはうず潮の真ん中にいるからわかっていないと思うけれど、周りは結構波風が立っているのよ。一生懸命なのはわかるけど、悪いけれどあなたといると疲れる」

正直、その言葉を聞いたときは全く理解ができずに「なにを言っているの?」という感じ。ですが、心の自立を手に入れた今でははっきりとわかります。周りを依存させることで、自分の存在価値を高めようとしていたのだな、自己満足の世界に生きていたのだな、と。

そんな私でしたから、子どもとの関係が悪化したこともありました。

今でも忘れられません。ある日、息子が泣きながら私に向かってこう言ったのです。

「どれが本当のおまえなんだ!」

結婚して20年、必死に頑張ってきました。いい妻であろう、いい嫁であろう、いい母であろう…実際に、絵に描いたような幸せな家庭でした。

でも、それは私が自分の気持ちを無視して、「妻」「嫁」「母」という役割を演じていただけだったのです。子どもの叫びを聞いて、ようやく気付かされました。

心の自立を手にした今、母であり姑であり娘であるとともに、「緒方理咲子」という一人の人間として生きていられる自分を感じます。

どこに行ってもどなたとお会いしても「緒方理咲子」でいられる今がとても楽です。そして、周りも楽なようです。「一緒にいると疲れる」と言われた私が、今は「一緒にいて楽、安心する」と言われています。

息子との仲も良好で、対等に会話できる関係になりました。以前の私たちでは考えられません。

幸せを感じられていないのは、幸せがなくなってしまったからではなくて、あなたの心のあり方で見えなくなっているだけなのです。

ピリアロハコーチングサロンでは、心の自立を手に入れ、世界で唯一無二の存在であるあなただけの人生を生きるお手伝いをいたします。

お申込みはこちら

あなたの人生を変えられるのは、
あなただけ

私こそが、心の自立ができないままに50年近く人生を送ってまいりました。「他人は悩みを解決してくれません」のところで書いた「あなたといると疲れる」という言葉は、実は私が実際に友人から言われた言葉です。

心の自立を手に入れられていない頃の私は、とにかく「人様のために何かをして差し上げたい」と思って生きていました。

困っている方がいれば、何かできることはないかと相談に乗り、私がいるからみんな仲良く平和にお付き合いができていることを、嬉しく思っていました。

ところが、親友から聞いたのは感謝の言葉とは全く真逆の言葉だったのです。

「あなたはうず潮の真ん中にいるからわかっていないと思うけれど、周りは結構波風が立っているのよ。一生懸命なのはわかるけど、悪いけれどあなたといると疲れる」

正直、その言葉を聞いたときは全く理解ができずに「なにを言っているの?」という感じ。ですが、心の自立を手に入れた今でははっきりとわかります。周りを依存させることで、自分の存在価値を高めようとしていたのだな、自己満足の世界に生きていたのだな、と。

そんな私でしたから、子どもとの関係が悪化したこともありました。

今でも忘れられません。ある日、息子が泣きながら私に向かってこう言ったのです。

「どれが本当のおまえなんだ!」

結婚して20年、必死に頑張ってきました。いい妻であろう、いい嫁であろう、いい母であろう…実際に、絵に描いたような幸せな家庭でした。

でも、それは私が自分の気持ちを無視して、「妻」「嫁」「母」という役割を演じていただけだったのです。子どもの叫びを聞いて、ようやく気付かされました。

心の自立を手にした今、母であり姑であり娘であるとともに、「緒方理咲子」という一人の人間として生きていられる自分を感じます。

どこに行ってもどなたとお会いしても「緒方理咲子」でいられる今がとても楽です。そして、周りも楽なようです。「一緒にいると疲れる」と言われた私が、今は「一緒にいて楽、安心する」と言われています。

息子との仲も良好で、対等に会話できる関係になりました。以前の私たちでは考えられません。

幸せを感じられていないのは、幸せがなくなってしまったからではなくて、あなたの心のあり方で見えなくなっているだけなのです。

ピリアロハコーチングサロンでは、心の自立を手に入れ、世界で唯一無二の存在であるあなただけの人生を生きるお手伝いをいたします。

お申込みはこちら