感情的になって話し合えない時の2つのパターンを知り「アサーティブ」なコミュケーションへ【魔法の夫婦コミュニケーション講座4】

前回に続き事例に基づきながら、感情的になって話し合いが上手くできない時の2つのパターンについて、私自身の経験も交えてお話しさせていただきます。

私が実践して理想としている《相手を尊重したアサーティブなコミュニケーション》についてもご紹介します。

LINE公式会員様はこの記事の動画や定期的にお送りする夫婦関係改善のコミュニケーションに関する動画をご覧いただけます。

友だち追加
動画へのご意見・ご感想をお寄せください

動画へのご意見・ご感想や、今後聞いてみたいこと、気になるテーマなど、下のコメント欄に自由にお寄せください。
※質問への回答・返信はいたしかねますため、予めご了承ください。

夫婦のコミュニケーションについてのご質問は、ご利用中のサービスやカウンセリング時にお応えさせていただきます。

カウンセリングのご紹介

個人カウンセリングの詳細はこちら
心の整理や夫婦のコミュニケーション改善を支援

ペアカウンセリングの詳細はこちら
夫婦問題の解決や関係改善の対話技術をサポート

0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
ABOUT US
夫婦カウンセラー緒方リサコ
47歳のときに22年間の結婚生活にピリオドを打ち、子連れ離婚する。熟年・調停離婚になったことから息子の心理状態に影響し、親子関係が悪化。これを機に、アドラー心理学(親子関係・家族関係)、発達心理学(主に児童・青年心理学)を学び実践をスタート、息子との関係を改善させる。その後、カウンセリングを始め、さらにパートナーシップについての独学を続ける。 離婚から5年後の52歳で、新しいパートナーとステップファミリーとなることでの日々の充実や成長を経験し、パートナーシップの大切さを自分自身でも強く実感する。長く幸せなパートナーシップを築くためのサポートができたらとピリアロハカウンセリングを設立。現在は東京代々木のカウンセリングルームを中心に活動。