【来談者限定動画】“反応”から”対応”へ、今すぐできることって?

今回も”反応”と”対応”についてお話させていただきます。

相手の言葉や行動に対し“反応”せず、

“対応”できる自分にもっていくための方法をご紹介します。

こちらの動画はカウンセリングをご利用頂いた方のみご覧いただけます

2 件のコメント

  • 今は離婚してしまいましたが、相手が私に反応していたことは思い出すが、自分が反応していたことを紙に書いてみようと思います。婚カツ中のお相手に対してや職場、家族に対しても応用してみようと思います。ありがとうございました。

    • こんにちは
      メッセージありがとうございます。
      正に、そうなのです。
      相手の反応は直ぐにわかるのに自分のことはついつい棚上げになっていることってありますよね。
      特に距離感の近い関係性の時に、『反応』って起きやすいですし。。。
      是非ご自身の反応ポイントを明確にされ、豊かな関係性を構築していただけましたらと思います。

  • コメントを残す

    お名前・アドレスなど個人を特定されるような情報や内容は伏せさせていただきます。
    (※お名前はイニシャル表記させていただきます。)

    ABOUT US

    47歳のときに22年間の結婚生活にピリオドを打ち、子連れ離婚する。熟年・調停離婚になったことから息子の心理状態に影響し、親子関係が悪化。これを機に、アドラー心理学(親子関係・家族関係)、発達心理学(主に児童・青年心理学)を学び実践をスタート、息子との関係を改善させる。その後、カウンセリングを始め、さらにパートナーシップについての独学を続ける。 離婚から5年後の52歳で、新しいパートナーとステップファミリーとなることでの日々の充実や成長を経験し、パートナーシップの大切さを自分自身でも強く実感する。長く幸せなパートナーシップを築くためのサポートができたらとピリアロハカウンセリングを設立。現在は東京代々木のカウンセリングルームを中心に活動。
      夫婦のお悩み座談会