こんな不満やお悩みを抱えていませんか?

女性のお悩み

  • 夫さえ変わってくれれば幸せになれると思っている
  • こんなに頑張っているのに家族は感謝してくれない
  • つい夫や子どもにイライラして責めてしまう。そんな自分を好きになれない
  • 夫や子どもを見ていると「もっとこうすればいいのに」「どうしてこうしてくれないの」と不満ばかり感じる

男性のお悩み

  • 仕事が終わっても家に帰りたくない
  • 休みの日に家にいるのが苦痛だ
  • 妻には自分の趣味を邪魔して欲しくない
  • 夫婦の会話は義務だと思っている
  • 妻がいつ怒り出すのか、なぜ怒り出すのかわからなくて怖い

このページに訪れていただき、ありがとうございます。

カウンセラーの緒方リサコです。

たくさんの方が、ご主人や奥様とのパートナーシップで悩んでいらっしゃいます。

また、意識していなくても、周りの人の顔色をうかがって自分がどうするかを決めている方は多いものです。

・夫(妻)が褒めてくれるから家事を頑張ったり

・子どもが言うことを聞いてくれるからいいお母さんでいたり

・友人に「あなたがいないと困るわ」と言ってもらいたいから、あれこれと世話を焼いたり…

その一方で、

「こんなに辛いのは夫(妻)のせい」

「夫(妻)さえ変わってくれたら、もっと幸せに暮らせるのに」

「子どもが素直に言うことを聞いてくれたら、私も優しくなれるのに」

と、自分の価値観を周りに理解してもらえないことを不満に感じている人もいらっしゃいます。

他人の評価が自分の気持ちより正しいと思ってしまう。

自分の価値観が相手に受け入れられないことに不満を感じてしまう。

どちらにも共通して言えることは、自分の軸で生きていないことからくる悩みだということです。

こんな不満や
お悩みを抱えていませんか?

女性のお悩み

  • 夫さえ変わってくれれば幸せになれると思っている
  • こんなに頑張っているのに家族は感謝してくれない
  • つい夫や子どもにイライラして責めてしまう。そんな自分を好きになれない
  • 夫や子どもを見ていると「もっとこうすればいいのに」「どうしてこうしてくれないの」と不満ばかり感じる

男性のお悩み

  • 仕事が終わっても家に帰りたくない
  • 休みの日に家にいるのが苦痛だ
  • 妻には自分の趣味を邪魔して欲しくない
  • 夫婦の会話は義務だと思っている
  • 妻がいつ怒り出すのか、なぜ怒り出すのかわからなくて怖い

このページに訪れていただき、ありがとうございます。

カウンセラーの緒方リサコです。

たくさんの方が、ご主人や奥様とのパートナーシップで悩んでいらっしゃいます。

また、意識していなくても、周りの人の顔色をうかがって自分がどうするかを決めている方は多いものです。

・夫(妻)が褒めてくれるから家事を頑張ったり

・子どもが言うことを聞いてくれるからいいお母さんでいたり

・友人に「あなたがいないと困るわ」と言ってもらいたいから、あれこれと世話を焼いたり…

その一方で、

「こんなに辛いのは夫(妻)のせい」

「夫(妻)さえ変わってくれたら、もっと幸せに暮らせるのに」

「子どもが素直に言うことを聞いてくれたら、私も優しくなれるのに」

と、自分の価値観を周りに理解してもらえないことを不満に感じている人もいらっしゃいます。

他人の評価が自分の気持ちより正しいと思ってしまう。

自分の価値観が相手に受け入れられないことに不満を感じてしまう。

どちらにも共通して言えることは、自分の軸で生きていないことからくる悩みだということです。

他人はあなたの悩みを解決してはくれません

自分の軸で生きることができないでいると、一時的に悩みや不満が解決したように思えても、しばらくするとまた新たな問題や悩みを抱えてしまいます。

私は、これまでカウンセラーとしてそのような方をたくさん見てきました。

例えば、

・夫(妻)が早く帰ってきてくれるようになったのに、食事をすませると一人で部屋にこもってしまって、結局会話もない…

・夫(妻)との関係で悩んでいたことが落ち着くと、今度は子どもとうまくいかなくなる。

そんなことが続いて、突然感情が爆発して取り返しのつかない事態になってしまう方もいらっしゃいます。

糸が切れて自暴自棄になってしまう方もいらっしゃいました。

自分を抑え込む限界を超えてしまったり、相手をコントロールしようとし過ぎたりすると、自分も、パートナーとの関係も壊れてしまいかねないのです。

それから、自分では「人のためにしている」と思っていることが、逆に相手を苦しめていることに気がつかず、「あの人といると疲れる」と、周りから人がいなくなってしまうこともあります。

事あるごとに子どもの世話を焼いている、いいお母さん(お父さん)のはずなのに、子どもが笑顔を見せてくれなくなった、避けられるようになった…。

そんな方々を、たくさん見てきました。

他人はあなたの悩みを
解決してはくれません

自分の軸で生きることができないでいると、一時的に悩みや不満が解決したように思えても、しばらくするとまた新たな問題や悩みを抱えてしまいます。

私は、これまでカウンセラーとしてそのような方をたくさん見てきました。

例えば、

・夫(妻)が早く帰ってきてくれるようになったのに、食事をすませると一人で部屋にこもってしまって、結局会話もない…

・夫(妻)との関係で悩んでいたことが落ち着くと、今度は子どもとうまくいかなくなる。

そんなことが続いて、突然感情が爆発して取り返しのつかない事態になってしまう方もいらっしゃいます。

糸が切れて自暴自棄になってしまう方もいらっしゃいました。

自分を抑え込む限界を超えてしまったり、相手をコントロールしようとし過ぎたりすると、自分も、パートナーとの関係も壊れてしまいかねないのです。

それから、自分では「人のためにしている」と思っていることが、逆に相手を苦しめていることに気がつかず、「あの人といると疲れる」と、周りから人がいなくなってしまうこともあります。

事あるごとに子どもの世話を焼いている、いいお母さん(お父さん)のはずなのに、子どもが笑顔を見せてくれなくなった、避けられるようになった…。

そんな方々を、たくさん見てきました。

自分との関係を見直すことから、すべては始まります

あなたもこのように思われてはいないでしょうか

  • もっと自分が素直になれば解決する?

  • 自分さえ我慢すれば良い関係をキープできる?

  • パートナーを愛せない自分が悪い?

残念ながら、どれも違います。

あなたに必要なのは、自分を押し殺すことではありません。

自分の本当の気持ちに気付いて、その気持ちを大切にすることです。

それは、自分への信頼を取り戻すことにもつながります。

私は、その状態を「心の自立ができている」と呼んでいます。

心の自立ができていると、トラブルを他人や状況のせいにしなくなります。

「このトラブルや状況を選択したのは自分」という価値観が身についているからです。

一昔前に、「自己責任」という言葉がネガティブな意味で使われた時期がありました。

今も、「何があっても悪いのは自分」「トラブルを選んだのが自分なのだとしたら、耐えるしかない」と思っている方も多いかもしれません。

ですがもしもそう思われているのだとしたら、それは違います。

心の自立とは、

「自分で選んだのだから、自分で変えられる、自分で解決できる」

と思えることなのです。

自分との関係を見直すことから、
すべては始まります

  • もっと自分が素直になれば解決する?

  • 自分さえ我慢すればいい関係をキープできる?

  • パートナーを愛せない自分が悪い?

残念ながら、どれも違います。

あなたに必要なのは、自分を押し殺すことではありません。

自分の本当の気持ちに気付いて、その気持ちを大切にすることです。

それは、自分への信頼を取り戻すことにもつながります。

私は、その状態を「心の自立ができている」と呼んでいます。

心の自立ができていると、トラブルを他人や状況のせいにしなくなります。

「このトラブルや状況を選択したのは自分」という価値観が身についているからです。

一昔前に、「自己責任」という言葉がネガティブな意味で使われた時期がありました。

今も、「何があっても悪いのは自分」「トラブルを選んだのが自分なのだとしたら、耐えるしかない」と思っている方も多いかもしれません。

ですがもしもそう思われているのだとしたら、それは違います。

心の自立とは、

「自分で選んだのだから、自分で変えられる、自分で解決できる」

と思えることなのです。

「心の自立」は、あなたと、あなたの周囲の人を幸せにします

心が自立すると、他人の評価を必要としなくなります。

他人の評価を気にしなくなるということは、「自己中心的に生きる」とか、「わがままに生きる」ということと同じなのではないか、と思われる方もいるかもしれません。

たしかに、自分の好きなように生きるという意味では、心の自立と自己中心的な考えとは似ているようにも思えます。

ですが、この2つはまったく違うものなのです。

自己中心的な考えを持っていると、「自分がしたことに対して感謝してほしい」「もっとこうしてほしい」など、相手に承諾や見返りを求めてしまいます。

「自分」というものがあるように見えて、実は他人の評価がなければ、自己の存在が認められない状態です。

しかし心が自立していれば、他人の評価に依存する必要がなくなります。

「あなたが私のことをどう思っても、私はこれが好き」「私はこういう人生を歩みたい」という、自分の本当の気持ちに気づけるようになるのです。

自分の気持ちに正直に生きられているから、特別なことがなくても幸せを感じられる自分に生まれ変わります。

本当に好きなことをしているので、毎日がワクワクの連続です。

たとえば、女性の場合、疲れて帰ってきた夫にお茶を淹れてあげる。

そんななんでもないことも、「いそいそとお茶を淹れる自分ってかわいいわね」とか、「心から労りたいと思える人がそばにいるなんて、私って幸せね!」と思えるようになるのです。

夫婦の会話は義務だと思っていたのに、心が自立して自分が本当に好きなことがわかると、その楽しみや幸せをパートナーにも味わわせてあげたいと思うようになります。

一方、男性であれば、妻から「私はそれに興味がないわ」と言われても気になりません。

相手を尊重することができるので、一人でも、夫婦でも、自分の好きなことを楽しめるようになるのです。

「この人さえ変わってくれれば…」と恨みがましい目で見つめていたパートナーとの関係も劇的に変わることでしょう。

お子さんがいるなら、なにを考えているのかさっぱりわからなかったのに、自分の気持ちを話してくれるようにもなります。

なに一つ状況は変わっていなくても、自分の心の持ちようが変わるだけで、人生の満足度や幸福度がどんどん高まっていくのです

そして、心が自立して満たされている人のそばにいると、一緒にいる人も癒され、満たされていきます。

そうすると今度はその人が、周りの人を同じように幸せで満たしていけるようになるのです。

幸せが連鎖して、波紋のようにどんどん広がっていく…そんな自分を手に入れたいと思いませんか?

「心の自立」は、あなたと、
あなたの周囲の人を幸せにします

心が自立すると、他人の評価を必要としなくなります。

他人の評価を気にしなくなるということは、「自己中心的に生きる」とか、「わがままに生きる」ということと同じなのではないか、と思われる方もいるかもしれません。

たしかに、自分の好きなように生きるという意味では、心の自立と自己中心的な考えとは似ているようにも思えます。

ですが、この2つはまったく違うものなのです。

自己中心的な考えを持っていると、「自分がしたことに対して感謝してほしい」「もっとこうしてほしい」など、相手に承諾や見返りを求めてしまいます。

「自分」というものがあるように見えて、実は他人の評価がなければ、自己の存在が認められない状態です。

しかし心が自立していれば、他人の評価に依存する必要がなくなります。

「あなたが私のことをどう思っても、私はこれが好き」「私はこういう人生を歩みたい」という、自分の本当の気持ちに気づけるようになるのです。

自分の気持ちに正直に生きられているから、特別なことがなくても幸せを感じられる自分に生まれ変わります。

本当に好きなことをしているので、毎日がワクワクの連続です。

たとえば、女性の場合、疲れて帰ってきた夫にお茶を淹れてあげる。

そんななんでもないことも、「いそいそとお茶を淹れる自分ってかわいいわね」とか、「心から労りたいと思える人がそばにいるなんて、私って幸せね!」と思えるようになるのです。

夫婦の会話は義務だと思っていたのに、心が自立して自分が本当に好きなことがわかると、その楽しみや幸せをパートナーにも味わわせてあげたいと思うようになります。

一方、男性であれば、妻から「私はそれに興味がないわ」と言われても気になりません。

相手を尊重することができるので、一人でも、夫婦でも、自分の好きなことを楽しめるようになるのです。

「この人さえ変わってくれれば…」と恨みがましい目で見つめていたパートナーとの関係も劇的に変わることでしょう。

お子さんがいるなら、なにを考えているのかさっぱりわからなかったのに、自分の気持ちを話してくれるようにもなります。

なに一つ状況は変わっていなくても、自分の心の持ちようが変わるだけで、人生の満足度や幸福度がどんどん高まっていくのです

そして、心が自立して満たされている人のそばにいると、一緒にいる人も癒され、満たされていきます。

そうすると今度はその人が、周りの人を同じように幸せで満たしていけるようになるのです。

幸せが連鎖して、波紋のようにどんどん広がっていく…そんな自分を手に入れたいと思いませんか?

自分の「幹」を育てて、心の自立を手に入れませんか?

カウンセリングは起こってしまった問題を解決するために受けることが多いため、問題の枝葉にフォーカスせざるをえません。

もちろん、それにより気持ちを落ち着かせ冷静になられることで、ご自身で問題が起きないように予防・対処していただくことが理想です。

そこで今回、問題のもっと奥深くにある幹にアプローチして軸をつくるために、コーチングの機会を設けさせていただきました。

このコーチングで何をしていくのかを簡単にご説明すると、

「あなたが望む状態は何か、そしてそれを実現するためにはどうするのか」

という問いを、仕事や家族など現実的な面も含めて様々な角度から検討します。

そして実際に行動をしていただいた上で、継続的に改善を行っていくサポートをさせていただきます。

このようなことを考えて行うことは、なにか大変で息苦しい状況へ自分を持っていくようなイメージかもしれませんが、そうではありません。

あなたにとって、心から楽しんで行動できるようにすることが私のコーチングの特徴です。

そのためには、あなたの本当の気持ちに向き合うことがとても大切になります。

特に男性の場合、頭でっかちになり気持ちが伴っていないことで、目標を達成できても何かしっくりくるものでなかったり、失敗を恐れてしまう傾向が強いです。

一方、女性は気持ちと向き合えてもそのまま行動できないままであったり、多角的に物事をみることが苦手で建設的な目標にならないことが多いです。

このような点も考慮して、私がカウンセラーとしても向き合わせていただきながら、本当に望む状態へ伴走させていただくプログラムとなります。

そしてご自身で決めたことを喜んで受け入れ、責任をもって進んでいる状態を「セルフエンゲージメント」と私は呼んでいます。

このセルフエンゲージメントを得ることにより、自分自身への信頼を少しずつ高め、自分で問題を解決していくことができる領域が格段に広がることで、外から揺さぶられることが少なくなっていくのです。

それがあなたの軸となり、心の自立へとつながっていきます。

自分の「幹」を育てて、心の自立を手に入れませんか?

カウンセリングは起こってしまった問題を解決するために受けることが多いため、問題の枝葉にフォーカスせざるをえません。

もちろん、それにより気持ちを落ち着かせ冷静になられることで、ご自身で問題が起きないように予防・対処していただくことが理想です。

そこで今回、問題のもっと奥深くにある幹にアプローチして軸をつくるために、コーチングの機会を設けさせていただきました。

このコーチングで何をしていくのかを簡単にご説明すると、

「あなたが望む状態は何か、そしてそれを実現するためにはどうするのか」

という問いを、仕事や家族など現実的な面も含めて様々な角度から検討します。

そして実際に行動をしていただいた上で、継続的に改善を行っていくサポートをさせていただきます。

このようなことを考えて行うことは、なにか大変で息苦しい状況へ自分を持っていくようなイメージかもしれませんが、そうではありません。

あなたにとって、心から楽しんで行動できるようにすることが私のコーチングの特徴です。

そのためには、あなたの本当の気持ちに向き合うことがとても大切になります。

特に男性の場合、頭でっかちになり気持ちが伴っていないことで、目標を達成できても何かしっくりくるものでなかったり、失敗を恐れてしまう傾向が強いです。

一方、女性は気持ちと向き合えてもそのまま行動できないままであったり、多角的に物事をみることが苦手で建設的な目標にならないことが多いです。

このような点も考慮して、私がカウンセラーとしても向き合わせていただきながら、本当に望む状態へ伴走させていただくプログラムとなります。

そしてご自身で決めたことを喜んで受け入れ、責任をもって進んでいる状態を「セルフエンゲージメント」と私は呼んでいます。

このセルフエンゲージメントを得ることにより、自分自身への信頼を少しずつ高め、自分で問題を解決していくことができる領域が格段に広がることで、外から揺さぶられることが少なくなっていくのです。

それがあなたの軸となり、心の自立へとつながっていきます。

ご参加者の声

先に受けて頂いた3名の女性の声をご紹介させて頂きます。どのような成長や環境を得ることができるプログラムなのかをぜひご参考ください。(なおこの声は許可を頂いた方のみ、一部を抜粋し、修正させて頂き掲載いたしました。)

「5歳の娘に対する接し方の変化を夫に驚かれました。今では夫婦一緒に成長できて本当に楽しいです。」

T.Aさん(40歳女性)

初回のコーチングを受講してすぐ、私の人生の転機になるとピンときました。それからの毎回毎回のコーチングが楽しみで、「私はどんなふうに変わっていくんだろう」とワクワクしていました。2回目が終わったあたりでしょうか。子どもに対する私の接し方が大きく変わって行きました。前までは声を荒げてしまったり、自己嫌悪に陥ってしまうこともありましたが、幼少時代の自分と重なり、叱るどころか却って愛おしくなってきました。

この頃から娘とのコミュニケーションが変わったことを実感し、娘も活き活きし始めて笑顔が増え嬉しくなりました。これはリサコさんのカウンセリングやコーチングの結果で、娘が5歳という時に、早く知ることができて本当に良かったです。その後、その子どもに対する接し方が変わったのを夫に指摘され、夫もとてもビックリしていた様子でその秘密を知りたがっていました。とてもビックリしていた様子の夫もその秘密を知りたがりました。

そこで「それはね・・」とリサコさんのことを伝えたら夫も興味を持ち、夫婦でカウンセリングを受けることとなりました。それから夫もコーチングをお願いさせて頂くことになったのですが、そんなことになるとは思ってもみませんでした。私は離婚をしてすぐに今の夫と再婚しました。それでもこの夫で大丈夫かな、と今回も離婚を本気で考えたくらいですが、私がパートナーを選んだ理由がよくわかり、『変わるのはまず自分から』と視点が変わってからは、あらゆることが好転していきました。

最近では、本当の幸せが何かが少しづつわかってきはじめ、夫と素敵なパートナーシップを育めたらと毎日が明るくなっています。6回が終わって、やはり私が初回に感じたように転機になるということは間違ってなかったなと思います。これからも宜しくお願い致します。

「聞く耳を持たなくなっていた夫が、今では私の仕事の話を興味を持って聞いてくれてサポートしてくれるようになりました。」

I.Mさん(35歳女性)

私は最初の講義の”自分を知る”ということがこれほど大切だとは思ってもいませんでした。それまで私がしていたことはおしゃべりや気晴らしの会話、用事の伝達であって、夫をパートナーとしては見れていませんでした。それこそ夫が最初は我慢して受け入れてくれていたものの徐々に耐えられなくなり、私との会話がなくなったのだと今は思います。

それが、ワークを通じて私のことを少し知っただけでも、夫との建設的な会話やそれぞれの考えを対話する種が生まれ、今では夫とそれを共有できること、また彼も色々話してくれることに喜びを感じてします。

昔だったらこのような会話も面倒だったかもしれませんが、今では良い意味での楽さを感じ、少しずつ相互依存という形に近づいているのかなと思います。

リサコさんのコーチングがなければ、いつも何かに依存をしてしまい、つまらない人生になっていたと思うと本当に怖いです。さらに最近は、自分を好きになれてきたことや、仕事がお金を稼ぐためのものから自分を成長させる機会という視点も増え、楽しくなっています。

その仕事での出来事から私なりに考え、夫にも意見を伺いフィードバックをしてもらいます。その後夫からも「あの話どうなった?」と聞かれ報告できることが楽しく、逆に私が夫に聞き、私の考えも「なるほどね」と受け入れられ、参考にして実際に行動してもらったことがわかったときは「私の存在が認められているんだな」と、嬉しくて泣きそうになりました。仕事でもこのコーチングの内容は応用でき、良くなっています。リサコさんのコーチングのおかげです。本当にありがとうございました。

「色々なカウンセリングに何年も通っていましたが、私に必要なのはコーチングでした。」

M. Sさん(39歳女性)

リサコさん。いつもありがとうございます。コーチング6回を終えて感想を書かせて頂きます。私がリサコさんのコーチングを受けることになる前まで、別の方のカウンセリングで3年間お世話になっていました。でも今思えば、私は依存していただけで何も変わっていなかったんだなと思います。

そしてリサコさんの初回のカウンセリングでは、その3年間でやっと聞かれたことを、ズバっと私に質問して頂き(その時はビックリして気が動転していましたが)、それだけで私の中での何かが変わりました。

そしてコーチングのご案内を頂き、「私に必要なのはこれだ!」と感じました。 すぐにでも始めて欲しいと思いながらも、やっと迎えた初日で、依存・自立・相互依存のことを学びました。そして実は私が共依存であったことを始め、ダメさ具合と直面して落ち込みそうになった時、リサコさんから「大丈夫よ、私なんて40の後半まで依存しまくりだったんだから、早く気付けてよかったわね」という言葉をもらい、救われたのを今でも覚えています。

それからの3ヶ月間は私なりに頑張ってみました。今では夫とのコミュニケーションだけでなく、息子に対しても変わってきました。将来は、リサコさんのように親子でも素敵なパートナーシップを築けるように頑張っていきます。3ヶ月間、ありがとうございました。6回全てがドキドキしながらもとても楽しく、この先もどう変わっていくのだろうと今から楽しみです。また何かありましたらご報告させてください!

ご参加者の声

先に受けて頂いた3名の女性の声をご紹介させて頂きます。どのような成長や環境を得ることができるプログラムなのかをぜひご参考ください。(なおこの声は許可を頂いた方のみ、一部を抜粋し、修正させて頂き掲載いたしました。)

「5歳の娘に対する接し方の変化を夫に驚かれました。今では夫婦一緒に成長できて本当に楽しいです。」

T.Aさん(40歳女性)

初回のコーチングを受講してすぐ、私の人生の転機になるとピンときました。それからの毎回毎回のコーチングが楽しみで、「私はどんなふうに変わっていくんだろう」とワクワクしていました。2回目が終わったあたりでしょうか。子どもに対する私の接し方が大きく変わって行きました。前までは声を荒げてしまったり、自己嫌悪に陥ってしまうこともありましたが、幼少時代の自分と重なり、叱るどころか却って愛おしくなってきました。

この頃から娘とのコミュニケーションが変わったことを実感し、娘も活き活きし始めて笑顔が増え嬉しくなりました。これはリサコさんのカウンセリングやコーチングの結果で、娘が5歳という時に、早く知ることができて本当に良かったです。その後、その子どもに対する接し方が変わったのを夫に指摘され、夫もとてもビックリしていた様子でその秘密を知りたがっていました。とてもビックリしていた様子の夫もその秘密を知りたがりました。

そこで「それはね・・」とリサコさんのことを伝えたら夫も興味を持ち、夫婦でカウンセリングを受けることとなりました。それから夫もコーチングをお願いさせて頂くことになったのですが、そんなことになるとは思ってもみませんでした。私は離婚をしてすぐに今の夫と再婚しました。それでもこの夫で大丈夫かな、と今回も離婚を本気で考えたくらいですが、私がパートナーを選んだ理由がよくわかり、『変わるのはまず自分から』と視点が変わってからは、あらゆることが好転していきました。

最近では、本当の幸せが何かが少しづつわかってきはじめ、夫と素敵なパートナーシップを育めたらと毎日が明るくなっています。6回が終わって、やはり私が初回に感じたように転機になるということは間違ってなかったなと思います。これからも宜しくお願い致します。

「聞く耳を持たなくなっていた夫が、今では私の仕事の話を興味を持って聞いてくれてサポートしてくれるようになりました。」

I.Mさん(35歳女性)

私は最初の講義の”自分を知る”ということがこれほど大切だとは思ってもいませんでした。それまで私がしていたことはおしゃべりや気晴らしの会話、用事の伝達であって、夫をパートナーとしては見れていませんでした。それこそ夫が最初は我慢して受け入れてくれていたものの徐々に耐えられなくなり、私との会話がなくなったのだと今は思います。

それが、ワークを通じて私のことを少し知っただけでも、夫との建設的な会話やそれぞれの考えを対話する種が生まれ、今では夫とそれを共有できること、また彼も色々話してくれることに喜びを感じてします。

昔だったらこのような会話も面倒だったかもしれませんが、今では良い意味での楽さを感じ、少しずつ相互依存という形に近づいているのかなと思います。

リサコさんのコーチングがなければ、いつも何かに依存をしてしまい、つまらない人生になっていたと思うと本当に怖いです。さらに最近は、自分を好きになれてきたことや、仕事がお金を稼ぐためのものから自分を成長させる機会という視点も増え、楽しくなっています。

その仕事での出来事から私なりに考え、夫にも意見を伺いフィードバックをしてもらいます。その後夫からも「あの話どうなった?」と聞かれ報告できることが楽しく、逆に私が夫に聞き、私の考えも「なるほどね」と受け入れられ、参考にして実際に行動してもらったことがわかったときは「私の存在が認められているんだな」と、嬉しくて泣きそうになりました。仕事でもこのコーチングの内容は応用でき、良くなっています。リサコさんのコーチングのおかげです。本当にありがとうございました。

「色々なカウンセリングに何年も通っていましたが、私に必要なのはコーチングでした。」

M. Sさん(39歳女性)

リサコさん。いつもありがとうございます。コーチング6回を終えて感想を書かせて頂きます。私がリサコさんのコーチングを受けることになる前まで、別の方のカウンセリングで3年間お世話になっていました。でも今思えば、私は依存していただけで何も変わっていなかったんだなと思います。

そしてリサコさんの初回のカウンセリングでは、その3年間でやっと聞かれたことを、ズバっと私に質問して頂き(その時はビックリして気が動転していましたが)、それだけで私の中での何かが変わりました。

そしてコーチングのご案内を頂き、「私に必要なのはこれだ!」と感じました。 すぐにでも始めて欲しいと思いながらも、やっと迎えた初日で、依存・自立・相互依存のことを学びました。そして実は私が共依存であったことを始め、ダメさ具合と直面して落ち込みそうになった時、リサコさんから「大丈夫よ、私なんて40の後半まで依存しまくりだったんだから、早く気付けてよかったわね」という言葉をもらい、救われたのを今でも覚えています。

それからの3ヶ月間は私なりにではありますが頑張ってみました。今では夫とのコミュニケーションだけでなく、息子に対しても変わってきました。将来は、リサコさんのように親子でも素敵なパートナーシップを築けるように頑張っていきます。3ヶ月間、ありがとうございました。6回全てがドキドキしながらもとても楽しく、この先もどう変わっていくのだろうと今から楽しみです。また何かありましたらご報告させてください!

コーチングの進め方と費用について

このコーチングは遠隔(LINE通話やスカイプ等)にて45分のセッションを月2回、3ヶ月間行う全6回のプログラムです。

費用は86,400円(税込)で銀行振込かPaypal(クレジットカード)にてお支払いいただけます。

1セッションあたり、カウンセリングに近い金額に設定させていただいていますが、カウンセリング以上の価値を提供することをお約束いたします。

ですので、このコーチングで最終回までに効果を実感できなった場合は全額返金させていただいております

コーチングの進め方と
費用について

このコーチングは遠隔(LINE通話やスカイプ等)にて45分のセッションを月2回、3ヶ月間行う全6回のプログラムです。

費用は86,400円(税込)で銀行振込かPaypal(クレジットカード)にてお支払いいただけます。

1セッションあたり、カウンセリングに近い金額に設定させていただいていますが、カウンセリング以上の価値を提供することをお約束いたします。

ですので、このコーチングで最終回までに効果を実感できなった場合は全額返金させていただいております。

最後に:あなたの人生を変えられるのは、あなただけ

私こそが、心の自立ができないままに50年近く人生を送ってまいりました。

心の自立を手に入れられていない頃の私は、とにかく「人様のために何かをして差し上げたい」と思って生きていました。

困っている方がいれば、何かできることはないかと相談に乗り、私がいるからみんな仲良く平和にお付き合いができていることを、嬉しく思っていました。

ところが、親友から聞いたのは感謝の言葉とは全く真逆の言葉だったのです。

「あなたはうず潮の真ん中にいるからわかっていないと思うけれど、周りは結構波風が立っているのよ。一生懸命なのはわかるけど、悪いけれどあなたといると疲れる」

正直、その言葉を聞いたときは全く理解ができずに「なにを言っているの?」という感じでした。

ですが、心の自立を手に入れた今でははっきりとわかります。

周りを依存させることで、自分の存在価値を高めようとしていたのだな、自己満足の世界に生きていたのだな、と。

そんな私でしたから、子どもとの関係が悪化したこともありました。

今でも忘れられません。ある日、息子が泣きながら私に向かってこう言ったのです。

「どれが本当のおまえなんだ!」

結婚して20年、私なりに必死に頑張ってきたつもりです。

いい妻であろう、いい嫁であろう、いい母であろう…実際に、絵に描いたような幸せな家庭でした。

でも、それは私が自分の気持ちを無視して、「妻」「嫁」「母」という役割を演じていただけだったのです。子どもの叫びを聞いて、ようやく気付かされました。

今は様々な役割があるとともに、「緒方リサコ」という一人の人間として生きていられる自分を感じます。

どこに行ってもどなたとお会いしても「緒方リサコ」でいられる今がとても楽です。

そして、周りも楽なようです。

「一緒にいると疲れる」と言われた私が、今は「一緒にいて楽、安心する」と言われています。

息子との親子関係も良好になり、改善されました。

それからは出会いが変わり、新しいパートナーと出会い、仕事も良い循環に入ったように思います。

今では息子の嫁も加わり、息子夫婦は共に仕事をするパートナーとなり、対等に会話ができる関係になりました。以前では考えられません。

幸せを感じられていないのは、幸せがなくなってしまったからではなくて、あなたの心のあり方で見えなくなっているだけなのです。

もしあなたが夫婦関係や親子関係で同じ問題を繰り返してしまう、不安や不満を抱えているということでしたら、私と一緒に幹を育てて自分の軸を手に入れてみませんか?

ご連絡お待ちしております。

最後に
あなたの人生を変えられるのは、
あなただけ

私こそが、心の自立ができないままに50年近く人生を送ってまいりました。

心の自立を手に入れられていない頃の私は、とにかく「人様のために何かをして差し上げたい」と思って生きていました。

困っている方がいれば、何かできることはないかと相談に乗り、私がいるからみんな仲良く平和にお付き合いができていることを、嬉しく思っていました。

ところが、親友から聞いたのは感謝の言葉とは全く真逆の言葉だったのです。

「あなたはうず潮の真ん中にいるからわかっていないと思うけれど、周りは結構波風が立っているのよ。一生懸命なのはわかるけど、悪いけれどあなたといると疲れる」

正直、その言葉を聞いたときは全く理解ができずに「なにを言っているの?」という感じでした。

ですが、心の自立を手に入れた今でははっきりとわかります。

周りを依存させることで、自分の存在価値を高めようとしていたのだな、自己満足の世界に生きていたのだな、と。

そんな私でしたから、子どもとの関係が悪化したこともありました。

今でも忘れられません。ある日、息子が泣きながら私に向かってこう言ったのです。

「どれが本当のおまえなんだ!」

結婚して20年、私なりに必死に頑張ってきたつもりです。

いい妻であろう、いい嫁であろう、いい母であろう…実際に、絵に描いたような幸せな家庭でした。

でも、それは私が自分の気持ちを無視して、「妻」「嫁」「母」という役割を演じていただけだったのです。子どもの叫びを聞いて、ようやく気付かされました。

今は様々な役割があるとともに、「緒方リサコ」という一人の人間として生きていられる自分を感じます。

どこに行ってもどなたとお会いしても「緒方リサコ」でいられる今がとても楽です。

そして、周りも楽なようです。

「一緒にいると疲れる」と言われた私が、今は「一緒にいて楽、安心する」と言われています。

息子との親子関係も良好になり、改善されました。

それからは出会いが変わり、新しいパートナーと出会い、仕事も良い循環に入ったように思います。

今では息子の嫁も加わり、息子夫婦は共に仕事をするパートナーとなり、対等に会話ができる関係になりました。以前では考えられません。

幸せを感じられていないのは、幸せがなくなってしまったからではなくて、あなたの心のあり方で見えなくなっているだけなのです。

もしあなたが夫婦関係や親子関係で同じ問題を繰り返してしまう、不安や不満を抱えているということでしたら、私と一緒に幹を育てて自分の軸を手に入れてみませんか?

ご連絡お待ちしております。