コーチングの受付は終了いたしました。
次回コーチング受付時に優先的にご連絡を希望される場合は、下記フォームからご登録いただけます。


コーチングの受付は終了いたしました。
次回コーチング受付時に優先的にご連絡を希望される場合は、下記フォームからご登録いただけます。

こんな不満や悩みを抱えていませんか?

女性の悩み
男性の悩み

このページに訪れていただき、ありがとうございます。
カウンセラーの緒方リサコです。

たくさんの方が、ご主人や奥様とのパートナーシップで悩んでいらっしゃいます。
また、意識していなくても、周りの人の顔色をうかがって自分がどうするかを決めている方は多いものです。

 ・夫(妻)が褒めてくれるから家事を頑張ったり

 ・子どもが言うことを聞いてくれるからいいお母さんでいたり

 ・友人に「あなたがいないと困るわ」と言ってもらいたいから、あれこれと世話を焼いたり…

その一方で、

・こんなに辛いのは夫(妻)のせい

・夫(妻)さえ変わってくれたら、もっと幸せに暮らせるのに

・子どもが素直に言うことを聞いてくれたら、私も優しくなれるのに

と、自分の価値観を周りに理解してもらえないことを不満に感じている人もいらっしゃいます。

他人の評価が自分の気持ちより正しいと思ってしまう。
自分の価値観が相手に受け入れられないことに不満を感じてしまう。

どちらにも共通して言えることは、自分の軸で生きていないことからくる悩みだということです。

こんな不満や悩みを
抱えていませんか?

女性の悩み
男性の悩み

このページに訪れていただき、ありがとうございます。

カウンセラーの緒方リサコです。

たくさんの方が、ご主人や奥様とのパートナーシップで悩んでいらっしゃいます。

また、意識していなくても、周りの人の顔色をうかがって自分がどうするかを決めている方は多いものです。

 ・夫(妻)が褒めてくれるから家事を頑張ったり

 ・子どもが言うことを聞いてくれるからいいお母さんでいたり

 ・友人に「あなたがいないと困るわ」と言ってもらいたいから、あれこれと世話を焼いたり…

その一方で、

・こんなに辛いのは夫(妻)のせい

・夫(妻)さえ変わってくれたら、もっと幸せに暮らせるのに

・子どもが素直に言うことを聞いてくれたら、私も優しくなれるのに

と、自分の価値観を周りに理解してもらえないことを不満に感じている人もいらっしゃいます。

他人の評価が自分の気持ちより正しいと思ってしまう。
自分の価値観が相手に受け入れられないことに不満を感じてしまう。

どちらにも共通して言えることは、自分の軸で生きていないことからくる悩みだということです。

他人はあなたの悩みを解決してはくれません

自分の軸で生きられていないと、一時的に悩みや不満が解決したように思えても、しばらくするとまた新たな問題を抱えられてしまうように思います。

たとえば、

・夫(妻)が早く帰ってきてくれるようになったのに、食事をすませると一人で部屋にこもってしまって、結局会話もない…

・夫(妻)との関係で悩んでいたことが落ち着くと、今度は子どもとうまくいかなくなる。

このような問題を繰り返され、突然感情が爆発して取り返しのつかない事態になってしまう方もいらっしゃいます。
糸が切れて自暴自棄になってしまう方もいらっしゃいました。

自分を抑え込む限界を超えてしまったり、相手をコントロールしようとし過ぎたりすると、ご自身も、パートナーとの関係も壊れてしまいかねないのです。

『自分の軸』が伴わないために起こる例として、「人のためにしている」と思っていた行動(言動)が、気づかぬうちに相手を苦しめているということがあります。

ご自身の中では、「いい人」「いいお母さん(お父さん)」のはずなのに…

「あの人といると疲れる」と、周りから人がいなくなってしまう。

子どもが笑顔を見せてくれなくなった。

私はそのような方々と、カウンセラーとして沢山お会いしてきました。

他人はあなたの悩みを
解決してはくれません

自分の軸で生きられていないと、一時的に悩みや不満が解決したように思えても、しばらくするとまた新たな問題を抱えられてしまうように思います。

たとえば、

・夫(妻)が早く帰ってきてくれるようになったのに、食事をすませると一人で部屋にこもってしまって、結局会話もない…

・夫(妻)との関係で悩んでいたことが落ち着くと、今度は子どもとうまくいかなくなる。

このような問題を繰り返され、突然感情が爆発して取り返しのつかない事態になってしまう方もいらっしゃいます。

糸が切れて自暴自棄になってしまう方もいらっしゃいました。

自分を抑え込む限界を超えてしまったり、相手をコントロールしようとし過ぎたりすると、ご自身も、パートナーとの関係も壊れてしまいかねないのです。

『自分の軸』が伴わないために起こる例として、「人のためにしている」と思っていた行動(言動)が、気づかぬうちに相手を苦しめているということがあります。

ご自身の中では、「いい人」「いいお母さん(お父さん)」のはずなのに…

「あの人といると疲れる」と、周りから人がいなくなってしまう。

子どもが笑顔を見せてくれなくなった。

私はそのような方々と、カウンセラーとして沢山お会いしてきました。

自分との関係を見直すことから、すべては始まります

夫婦関係で問題が起きたとき、このように思われたことはありませんか?

  • もっと自分が素直になれば解決する?
  • 自分さえ我慢すれば良い関係をキープできる?

  • パートナーを愛せない自分が悪い?

残念ながら、どれも本当の意味での解決策にはならないと私は思います。

必要なのは、自分を押し殺すことではなく、自分の本当の気持ちに気付いて、その気持ちを大切にすることです。

自分の気持ちを大切にできると、自分を信頼できる状態へと結びつきます。

私はこの状態を「心の自立ができている」と呼んでおります。

心の自立ができていると、トラブルを他人や状況のせいにしなくなります。

「このトラブルや状況を選択したのは自分」という価値観が身についているからです。

「自己責任」という言葉がネガティブな意味で使われることもありますが

・何があっても悪いのは自分

・トラブルを選んだのが自分なのだとしたら、耐えるしかない

と思っている方も多いかもしれません。

ですがもしもそう思われているのだとしたら、それは違うと私は考えています。

心の自立とは、

「自分で選んだのだから、自分で変えられる、自分で解決できる」

と思えることなのです。

自分との関係を見直すことから、
すべては始まります

夫婦関係で問題が起きたとき、このように思われたことはありませんか?

  • もっと自分が素直になれば解決する?
  • 自分さえ我慢すれば良い関係をキープできる?

  • パートナーを愛せない自分が悪い?

残念ながら、どれも本当の意味での