プロフィール

緒方リサコ
緒方リサコピリアロハカウンセリング代表
成城大学文芸学部を卒業後、イベント会社に就職し、25歳で最初の結婚。

ワーキングマザーとして夫婦生活を送るものの、22年間でピリオドを打ち47歳で1人息子と子連れ離婚をする。

熟年・調停離婚になったことから、息子の心理状態に影響し、私との関係も悪化。

それでも、息子と2人で生活していくことになり、

「息子が自立し、どこへ行っても大丈夫であるように、良い関係を構築しお互いが成長していけたら」

と、アドラー心理学(親子関係・家族関係)を学び実践して関係が改善していく。

その後、私の状況を知ってもらっていた友人の紹介から、離婚相談・親子関係改善のカウンセリングをはじめ、2年ほど続ける。

このカウンセリングを通じて、ご相談者様が幸せであり続けるためには、

『大切な人とパートナーシップ(相互依存関係)を築けるようになることが必要』

だと気づく。

私が理想とする関係を築いている日本やハワイの夫婦に教えを受けながら、国内外のパートナーシップに関連する資料により独学。

この学びから、熟年・子連れ離婚後に、

「結婚生活はもうこりごり・・、それに年齢が年齢だけに、男性とのお付き合いはおろか、息子もいるし、もう1度家族を作ることはありえない」

と考えていたのにも関わらず、離婚から5年後の52歳で、新しいパートナーとステップファミリー(どちらか又は両方に子どもがいて再婚して、新たに築かれる家族のこと)となる。

お互いの家族との時間を通した日々の充実や成長から、パートナーシップの大切さを強く実感する。

この経験から、

・親子/家族関係や嫁姑問題等を踏まえたパートナーとの関係修復や離婚相談
・大切な人とパートナーシップを築くためのコミュニケーションのサポート

ができたらと、ピリアロハカウンセリングを設立し、現在に至る。